設備のリフォームで
家の寿命も伸ばせられる

外壁塗装とは

外壁塗装の必要性について考える

一戸建て住宅では、定期的な外壁塗装が必要だとよく言われますが、どうしてなのでしょうか。そこで、外壁塗装の必要性について考えてみます。 最近の住宅の外壁は、塗料を塗ったモルタルの壁や、サイディングボードを使った壁が多くなっています。そして、昔のような杉板張りや漆喰などを使った壁を持つ住宅は、めっきり減って行きました。 日本の高温多湿な夏や、寒い冬のことを考えると、昔のような壁材が理にかなっているのですが、これではコストがかかり過ぎてしまうのです。 そして、現在の一戸建て住宅に見られるほとんどの壁では、塗料によって耐久性が保たれているのです。ですから、塗料が完全に劣化してしまう前に外壁塗装を行うのです。

どのようにして施工するのか

それでは、外壁塗装はどのようにして施工するのか説明しましょう。まずは、下塗りから始めます。この下塗りは、上に塗り重ねる塗料と外壁をなじませる役割を持っています。 そして、下塗りの上からメインの塗料を2回重ね塗りします。要するに、一般的な外壁塗装は下塗りを入れて3回塗り重ねることになるのです。 中には、塗り回数を減らしてコストを下げようと考える悪質な業者もいますから注意が必要です。 また、外壁塗装は安全のために足場を組んで行うことになります。そして、足場組には高額な料金がかかりますから、同時に屋根塗装も行うとリーズナブルに行えます。 塗料の種類や、施工する業者によっても料金が異なりますから、十分に調査した上で外壁塗装を行いましょう。