設備のリフォームで
家の寿命も伸ばせられる

外壁塗装の重要性

外壁塗装の重要性について

外壁塗装は重要です。外壁塗装がしっかり出ているかどうかでその住宅の寿命が変わってしまうからです。 外壁塗装の役割は、住宅の寿命に関係があります。 外壁塗装が、住宅の内部に湿気や雨水などを入れることを防ぐので外壁塗装が劣化したらすぐに外壁塗装をし直さなくてはならないのです。 その期間がおよそ10年と言われていますが、これは塗装の種類によっても違います。塗装も安いものは10年以内に寿命が来てしまうものもありますが、多くは10年ぐらいは長持ちするのです。今のところ一番寿命が長いもので20年というものがあります。もし、20年の塗装をしたら20年間は塗装をしなくてもよいということになるわけですね。価格は高めですが、長期的に見ればお得感があります。

塗装の業者選びについて

外壁塗装をするにあたってすでに過去いお世話になった業者がある場合や、知り合いの業者がいる場合は別ですが、初めて外壁塗装を依頼する場合にはその業者がしっかりした業者なのかを知っておく必要があります。 業者選びはとても重要で、外壁塗装の業者の中には悪徳業者と言われる会社が複数存在するからです。 実は、悪徳業者が存在する理由は我々が価格や作業工程に無知なことが原因でもあるのです。特に価格は適正価格を知らないため業者が提示した額を疑いもなく信じてしまうからです。 そこで、できるだけ適正価格を明確にするために複数の業者に見積もりを出してもらうというのもその方法のひとつになります。ただし、見積もりの数があまりのも多いと対応が大変なので、3社程度で十分です。